忍者ブログ

「田舎のパチ屋戦闘記」の事件簿のコンテンツです。

サイト案内
ようこそ!パチ屋店員の事件簿へ。
ここは私の経験談や、パチ屋の裏話を書き綴るブログです。

右の「カテゴリ別目次」は事件簿をカテゴリに分けた目次です。

TB&コメント&メール大歓迎!アダルトサイトはごめんなさい。
リンク is フリーダス!  解析よりお邪魔しますっ( ̄ー ̄)ニヤリ



尚、当サイトに登場する人物は全て源氏名を使っております。

HOME[PR]従業員編真夜中の軽トラ

[PR]

2017-08-17-Thu 22:48:30 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

真夜中の軽トラ

2006-06-21-Wed 02:23:06 │EDIT
さて、昨日の午後3時くらいからのアクセスが

すこ〜しキモイです。

お陰さまで今夜は寝れそうにもありません。

ので、

心当たりのある方は報告義務があるので

理由を教えて下さい。


こんばんは!田舎のパチ屋店員「クロノス」です。


今日は、19日に引き続き「菅野部長」の伝説をお送りします。



ウチのグループでは、各店に1台づつ軽トラックが配備されております。

稼動調査や、入れ替え作業の台運びに大活躍。

仕舞いにゃ社員の引っ越しにも使われるスグレモノ。

もちろん重ステ。





菅野部長伝説 2

真夜中の軽トラ




ある日、菅野ブタ長から一本の電話が入る。


菅野「あ〜、クロノスく〜〜〜〜〜ん」



相変わらずイラッとする喋り方。


私「はい。そうですが」


菅野「あのさぁ〜〜、今日仕事終わったらさぁ〜〜〜〜」

菅野「段ボールをさ〜〜〜、いっぱいもってさ〜〜〜」

菅野「軽トラに乗っけてさ〜〜〜○○○まで来てくれなぁ〜〜〜い」


私「イイですけど、今日は遅番なので終わるの1時くらいになりますが」


菅野「いい〜〜〜よ〜〜〜〜」





またろくでも無い糞台を買いやがったな!

こいつは、たま〜に変なルートから糞台を買っては

使わずに倉庫の肥やしにしやがる。



私「軽トラックを持っていくだけでいいですか?」

菅野「いい〜〜〜よ〜〜〜〜」

私「はい。分かりました」



もちろん、そんなろくでもない仕事は断固お断りの私だが、

こいつに媚びを売っておくと大きな見返りがある。

腐っても金持ちなので。

私が期待するのは、





The 旨い飯






そして仕事が終わり、ブタ長との待ち合わせ場所に。



菅野「お〜〜い!クロノスく〜〜〜ん!コッチコッチ!」



タクシー乗り場で腹をタップンタップンさせながら手を振る

醜いブタ長発見。

このまま軽トラごと突進させ、分厚い腹をペシャンコに

させたい衝動をそっと抑え、横付けする。



私「お待たせしました」

菅野「お〜、ありがとぅ〜〜」

私「どこに向かえばいいですか?」

菅野「とりあえず車出して」



ブタ長の指示通りに車を走らせると案の条、

怪しいビルの前に着く。



私「ここ・・ですか・・?」

菅野「・・・」



ブタ長は無言で車を降り、

そのビルと隣のビルの間の細い道に入っていく。



ますます怪しい。一体そのルートはどのくらいダークなのか・・

待てよ。今の時間は午前1時を回っている。

よくよく考えれば、台の受け渡しの時間にしては不自然すぎる。

実は台じゃなくて別の物の運び屋をやらされるのでは・・

うどん粉に似たぶっ飛び注入薬なのか・・

金属製の火薬付き弾丸発射装置なのか・・



このブタ長、侮れない・・



数分後、さっき入っていった道からブタ長が出てきた。

そして一緒に一人の女性も出てきた。

目つきが鋭く、どことなくダークなオーラをかもし出している。

様々な修羅場をくぐり抜けてきた人だけが出せる独特の雰囲気。

そう、まさに極道の妻達。である。



こいつが売人か・・・



私は直感で分かった。

そして先ほどの予感は確信へと変わった。

あの禍々しいオーラは常人じゃ到底出すことなんてできない。

間違い無く、その道のプロだと・・・




ヤバイ!!




知らなかったとはいえ、

こんな事に手を貸してしまったら親に顔を会わせられない。

色々迷惑をかけてきたが、こればっかりは流石にアウト。




The END




しかも、運の悪い事に私は気付いてしまっている。

もし気付いた事をブタ長に知られたら・・・

明日の朝には東京湾に浮いている事になるだろう。



私の心拍数は急上昇。

なぜ、気付いてしまったのだ!ばか俺!

むしろ、それだけで気付いてしまう私の脳を呪う。

だがそんな事は今となってはどうしようもない事で・・・



なるべく平静を装おわなければ!



そして、その売人と一言言葉を交わし、

ブタ長がこっちに歩いてくる。



落ち着け!落ち着け!俺!



私「お、お疲れさまです・・・」

菅野「ありがとう。はい、これ。」



ブタ長が私の手を取り、何かを渡す。

この感触は・・・お金・・・



私「部長・・これは・・・」

菅野「もういいよ。タクシーで帰りな」



よし!逃げられる!

絶好のチャンスである。



が、



あくまでも台を取りにきた

いち従業員ということになっているので、

まだブタ長が近くにいるうちは普通にしなければならない訳で。

今直ぐにでも、猛ダッシュでこの場を離れたい気持ちを

何とか抑え、



私「ところで何の台買ったんですか?」

菅野「・・・」



ヤバッ!変な事聞いちまった!



私「い、いや、別にいいです」

菅野「実は・・・」



言わないで〜〜〜〜!!!

「実は」って何?カミングアウトしちゃうの?

ちょっと待って!

マジ勘弁!!

俺は普通に仕事して、普通の家庭を持ちたいだけなのに!

変な事に巻き込むなぁ〜〜〜!

何でこんな事聞いたんだよぉ・・・俺。



菅野「ちょっと君、こっち来て」


ブタ長が売人に向かって手招きをする。



売人を呼びやがった!

いいよ!来なくて!

顔を覚えられても困る!



そんな無言の抵抗も虚しく売人の女性がブタ長の隣へ。

私の目と売人の目が合う。

余りにも鋭い目つきに思わず目を逸らしてしまった。



やべぇ・・目だけで殺されそう・・



菅野「実は・・・・・」
















菅野「彼女の引っ越しなんだ♪」















はひ!!?




私「彼女・って・・・?」














菅野「ギャバのオネエちゃん。」(  ̄ー ̄)*キラン












何ぃっ!!?

(#゚Д゚)





オマエ コロス。



従業員編目次へ戻る
PR
■この記事にコメントする
この記事のコメント投稿フォームです。
Name:
Mail:
Url:
Title:
Color:
Message:
Pass:
■この記事へのトラックバック
この記事のURLとトラックバックURLです。
必要に応じてお使いください。
この記事のURL▼

この記事のトラックバックURL▼

ハシゴする方はコチラ
banner2
交換所はコチラ(嘘)
にほんブログ村 パチンコブログへ
御来店人数
店員の生態
HN:
クロノス
性別:
男性
職業:
もち!パチンコ屋店員
コメントありがとう!!
(11/06)
(10/21)
(01/28)
(01/20)
(09/25)
最近書きました
どんな記事をお探しで?
最新TB
スポンサード リンク
ゴチランキング
秘密のボヤキ
Powered by 忍.jp Design by あるふぁ
Copyright (c) 2006 パチ屋店員の事件簿 Some Rights Reserved.
http://passportblue.blog.shinobi.jp/%E5%BE%93%E6%A5%AD%E5%93%A1%E7%B7%A8/%E7%9C%9F%E5%A4%9C%E4%B8%AD%E3%81%AE%E8%BB%BD%E3%83%88%E3%83%A9
忍者ブログ[PR]

アクセスランキング